黄交趾飯碗 和食器通販 うつわ耶馬都

黄交趾飯碗

作:武内秀峰

商品番号:ts001

12,000円(税込12,960円)

購入数: 購入数を減らす購入数を増やす 在庫数:5

この商品についてお問い合わせ

京焼の陶芸家、武内秀峰さんの黄交趾飯碗のご紹介です。
数え切れないほどの洗練された文化をもつ京都。秀峰窯の三代武内秀峰は和食器の中でも特に繊細且つ艶やかなものが多い歴史ある地にて作陶されています。
秀峰窯の陶祖千葉吉蔵は、明治中期の会津本郷焼において染付の絵付け職人として希代稀なる名人と謳われ、号を「千山」と称し色絵の作品も手がけていたそうです。
現在の三代秀峰はロクロ成形や型成形等、成形技術を得意とし、その長い歴史のなかで育まれてきた染付磁器、交趾の作品をさらに進化させるべく日々研鑽を重ねています。
中国から伝わった交趾焼、現在では、ほぼ京焼・清水焼でのみ受け継がれる技法の一つになっています。目を引く鮮やかな色絵が特徴ですが、まずイッチンによる手作業により輪郭線を描き、その上から色むらが出ないよう上絵具を重ね、さらに低火度焼成を2度3度行うことにより、浮き出たような立体的な絵柄の美しい交趾焼のうつわが完成します。黄色は交趾焼のなかでも特に人気があります。
梅の花をあしらったデザインと他のうつわにはない表面の凹凸感にも面白さもあり、京焼の優雅さを感じさせる逸品となっています。
緑色が美しい「緑交趾飯碗」もお勧めです。

サイズ
径 約11.5cm×高さ 約5.5cm
重量
約170g
材質
磁器
器肌感
とてもなめらか
ご注意
※食洗機、乾燥機 可。 ※直火・オーブン 不可。 ※電子レンジ 不可。

※当サイトで扱う和食器は、作家が手作業でひとつひとつ作り上げたものです。使用する土や釉薬、焼成時の炎のかげん等により、毎窯ごとにうつわが表情や色を変えてしまいます。

ウェブサイトでは、それぞれのパソコン環境においても、うつわの色・雰囲気に差異が生じてしまいます。

画像のうつわは、あくまでもサンプルですので、まったく同じ物をお届けすることはできません。うつわのサイズや重さも平均値です。手作業ゆえ、どうしても多少誤差が生じてしまいます。あらかじめご了承ください。