黒織部白椿文煎茶碗 和食器通販 うつわ耶馬都

黒織部白椿文煎茶碗

作:君波延昌

商品番号:knm002

2,000円(税込2,200円)

この商品についてお問い合わせ

君波延昌さんの小振りながらとても存在感のある黒織部小煎茶です。
黒織部とは、黒釉を掛ける時に窓と呼ばれる間を空け、その部分に鉄絵の具で絵を描き、その上から長石釉をかけて焼く陶器のこと。 このうつわの窓には、粉引で白椿の花びらを、鉄絵の具で葉文様とおしべを描き、魅力あふれる表現となっています。
うつわの側面には、ゆったりとしたロクロ目が走り、プクッとふくれたフォルム、すっぽりと手に収まっていまいそうな小振りな大きさもあいまって、とても可愛らしい印象の和食器です。
外に開いた口作りは飲みやすく、茶器としては勿論のこと、画像のようにデザートを入れたり、ちょっとしたおつまみを入れる小付としても重宝しそうなうつわです。

サイズ
径 約8cm×高さ 約7cm
重量
約150g
内容量
約120cc(8分目)
材質
陶器
器肌感
ザラッとしている
ご注意
※手洗いを推奨。 ※直火・オーブン 不可。 ※電子レンジ温め程度 可。

※当サイトで扱う和食器は、作家が手作業でひとつひとつ作り上げたものです。使用する土や釉薬、焼成時の炎のかげん等により、毎窯ごとにうつわが表情や色を変えてしまいます。

ウェブサイトでは、それぞれのパソコン環境においても、うつわの色・雰囲気に差異が生じてしまいます。

画像のうつわは、あくまでもサンプルですので、まったく同じ物をお届けすることはできません。うつわのサイズや重さも平均値です。手作業ゆえ、どうしても多少誤差が生じてしまいます。あらかじめご了承ください。