織部面取り湯呑

作:山本一仁

商品番号:yk013

2,000円(税込2,160円)

購入数: 購入数を減らす購入数を増やす 在庫数:8

この商品についてお問い合わせ

織部焼の人気作家、山本一仁さんの丸みを帯びた曲線と、しのぎが美しい湯呑のご紹介です。
白粗土を使用しロクロで作れたこのうつわは、コロンとしたフォルムが優しく手に馴染みます。
側面には、上半分に8か所下半分に8か所、フリーハンドによって大胆にしのぎが施されています。また高台部分にもしのぎが入れられ、そのざっくりとした表情は、手作り感に溢れています。
山本さんの織部釉は透き通るような清廉な緑に特徴があります。高温焼成による熱で溶けて流れ、粗土としのぎが作り出す荒々しい器肌に溶け込み、変化に富む奥深い景色を作りだします。
先にご紹介いたしました「織部面取り焼酎ロック」とほぼ同じ技法で作製されておりますが、こちらはフォルムからくる柔らかな印象が大変魅力的な陶器です。内側はマットな白に仕上げられており、コーヒーやお茶の色が映える素敵な和食器に仕上がっています。

サイズ
径 約9cm×高さ 約8.5cm
重量
約250g
内容量
約230cc(8分目)
材質
陶器
器肌感
なめらか
ご注意
※手洗いを推奨。 ※直火・オーブン 不可。 ※電子レンジ温め程度 可。

※当サイトで扱ううつわは、作家が手作業でひとつひとつ作り上げたものです。使用する土や釉薬、焼成時の炎のかげん等により、毎窯ごとにうつわが表情や色を変えてしまいます。

ウェブサイトでは、それぞれのパソコン環境においても、うつわの色・雰囲気に差異が生じてしまいます。

画像のうつわは、あくまでもサンプルですので、まったく同じ物をお届けすることはできません。うつわのサイズや重さも平均値です。

手作業ゆえ、どうしても多少誤差が生じてしまいます。あらかじめご了承ください。