織部貼り合せ焼酎カップ

作:中垣連次

商品番号:nr014

1,700円(税込1,836円)

購入数: 購入数を減らす購入数を増やす 在庫数:4

この商品についてお問い合わせ

陶器の産地、美濃焼の陶芸家、中垣連次さんの織部釉の流れが魅力的な焼酎カップです。
タタラにより作られたこのうつわは、サイドを3か所貼り合わせて作られ、その跡がクッキリと残されています。通常は傷に見えない様なめらかに仕上げられるものですが、そこをあえて残すことにより計算された手作り感の演出が行われているようです。その嫌みの無い自然な姿は、中垣さんのうつわ作りの技術の高さを物語るものです。
釉薬は、美濃焼伝統の織部釉。中垣さんの織部釉は質感の高いことで有名ですが、サイドを流れ落ちる釉薬の作り出す景色に大変趣があり、見る者を魅了します。
内側の上部には、鉄絵具によりフリーハンドで鳥や花などが流暢に、そしてさりげなく描かれ、この和食器の雰囲気に溶け込んで秀逸な出来栄えです。
内容量はたっぷりの約250cc(8分目)。焼酎のロックにも十分に対応できますし、お茶やコーヒーなども余裕で楽しむことができますね。
作りのバランスが良く、手持ちが軽いのも嬉しいポイントです。リーズナブルな価格も魅力。

サイズ
径 約9.5cm×高さ 約9cm
重量
約250g
内容量
約250cc(8分目)
材質
陶器
器肌感
ややザラッとしている
ご注意
※手洗いを推奨。 ※直火・オーブン 不可。 ※電子レンジ温め程度 可。

※当サイトで扱ううつわは、作家が手作業でひとつひとつ作り上げたものです。使用する土や釉薬、焼成時の炎のかげん等により、毎窯ごとにうつわが表情や色を変えてしまいます。

ウェブサイトでは、それぞれのパソコン環境においても、うつわの色・雰囲気に差異が生じてしまいます。

画像のうつわは、あくまでもサンプルですので、まったく同じ物をお届けすることはできません。うつわのサイズや重さも平均値です。

手作業ゆえ、どうしても多少誤差が生じてしまいます。あらかじめご了承ください。