鼠灰釉筒碗

作:奥田誠二

商品番号:os002

2,400円(税込2,592円)

購入数: 購入数を減らす購入数を増やす 在庫数:6

この商品についてお問い合わせ

陶器の産地、信楽焼の陶芸家で、素朴で質感の高い作品を多く作られる奥田誠二さんの筒碗です。
茶の湯の世界では、いわゆる半筒形と言われる形のこのうつわは、抹茶碗のサイズを一回り小さく作り、様々な用途に対応できる魅力的な和食器に仕上っています。
ロクロで一気に挽き上げられたためか、全体に手作りならではの歪みを生じ、またサイドを走るおおらかなロクロ目は、見ていてとてもゆったりとした気分になりますね。
その上から施された黒いオリジナル灰釉が、熱により溶けてスジのように流れ、所々覗く荒い土肌が時折金色を帯び、流れた釉薬と織り重なります。そうしてこの陶器ならではの抜群の存在感と深い景色が作り出されます。見込みに溜まった釉薬は吸い込まれそうな輝きを放ち、特に抹茶の緑が際立ちます。
直径が10cm程の大きさですので、片手で持つこともできますし、見込みが広いので茶筌で抹茶を点てることも余裕で出来ます。
抹茶ブームの昨今ですが、あまりかしこまらずに抹茶で気軽におもてなしにご使用になられるには、うってつけのうつわと言えますね。また画像のように深向付のようにお使いになられたり、ウェルカムドリンクにご使用頂くなど、まさに和食器としても多様なシーンに大活躍の優れものです。

サイズ
径 約10cm×高さ 約8cm
重量
約280g
材質
陶器
器肌感
ややザラッとしている
ご注意
※手洗いを推奨。 ※直火・オーブン 不可。※電子レンジ温め程度 可。

※当サイトで扱ううつわは、作家が手作業でひとつひとつ作り上げたものです。使用する土や釉薬、焼成時の炎のかげん等により、毎窯ごとにうつわが表情や色を変えてしまいます。

ウェブサイトでは、それぞれのパソコン環境においても、うつわの色・雰囲気に差異が生じてしまいます。

画像のうつわは、あくまでもサンプルですので、まったく同じ物をお届けすることはできません。うつわのサイズや重さも平均値です。

手作業ゆえ、どうしても多少誤差が生じてしまいます。あらかじめご了承ください。