黄瀬戸小判小鉢

作:浜田純理

商品番号:hj003

2,800円(税込3,024円)

購入数: 購入数を減らす購入数を増やす 在庫数:4

この商品についてお問い合わせ

陶器の産地、美濃焼の黄瀬戸作り名人、浜田純理さんの小判小鉢です。
黄瀬戸の始まりは、一説によりますと、豊臣秀吉が黄金色の茶碗を作るよう命じたのが起源とも言われております。いわゆる「油揚手」と言われるこのうつわは、艶の無いしっとりとして優美な黄金色の器肌がとても印象的です。
縁には、めりはりのきいた釘彫りが施され、その上から鉄やタンパン(銅緑釉)が打たれ、タンパンは裏側に抜けるいわゆる「抜けタンパン」になり、このうつわが本物の「黄瀬戸」であることを証明しています。 所々現れるコゲにも雅味があり、この和食器に彩りを添え、魅力溢れる景色を作りだしています。
ロクロによって形作られた直後に軽くたわませた楕円形と、やや小振りな大きさは、ほほえましく可愛い雰囲気もあわせ持ち、小鉢としては勿論のこと、ちょっとした取鉢にも素敵な演出が出来そうですね。

サイズ
約13.5cm×約12.5cm× 高さ 約5.5cm
重量
約250g
材質
陶器
器肌感
ややザラッとしている
ご注意
※手洗いを推奨。 ※直火・オーブン 不可。 ※電子レンジ温め程度 可。

※当サイトで扱ううつわは、作家が手作業でひとつひとつ作り上げたものです。使用する土や釉薬、焼成時の炎のかげん等により、毎窯ごとにうつわが表情や色を変えてしまいます。

ウェブサイトでは、それぞれのパソコン環境においても、うつわの色・雰囲気に差異が生じてしまいます。

画像のうつわは、あくまでもサンプルですので、まったく同じ物をお届けすることはできません。うつわのサイズや重さも平均値です。

手作業ゆえ、どうしても多少誤差が生じてしまいます。あらかじめご了承ください。